FC2ブログ
Guitarist.   割礼 / 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas / ソ ロ   etc. でライブ活動中 

エレクトリック ウィンター

 2020-02-17

 壊れかけのテープレコーダーズの小森君の企画、エレクトリック ウィンター。西荻窪フラットにて。
9人のギタリストから3組、くじ引きによってメンバーを決め、さらにフェンダー、マーシャル、ローランドの
ギターアンプを部屋の3方に配置し、どれを使うかもくじで決めるというもの。演奏は完全即興。

出演者は小森君、岡崎君、オカデン君、takuto君、山崎君、畠山君、狩生君、木下君、で俺。
なんだかんだで、過去にバンドで対バンした人もいるが、セッションするのは初めての人ばかり。
お客さんの前でギタリスト3人で即興なんて初めて、、と思ったが、30年以上前に金沢でコクシネルの
池田さんと石渡さんと俺でちょっとやったことがあった。正確に言うと日比野克彦さんが演奏聴きながら
でかいカンバスにペインティングしてたので、ギタリスト3人とペインティングのセッションではあったが。

くじの結果は俺は3組目だった。岡崎君に何番目?て聞いたら、彼は2組目だった。結果は狩生君と木下君。
2人とも初対面である。ギターアンプはローランドのJC。何人かの見知ったお客さんはマーシャルで
観てみたかったそうだが、こればっかりはその日のめぐり合わせ。

ギタリストといっても指向性は人様々。俺は変態の部類と言われたこともある。いや、ほっとけ。
演奏は面白かった。予めこんな感じでいこうかな、と思ってたのは全然やらなかった。時にどちらかが出してる
音に乗っかったり、ルーパーでリズム作ったりで、20分は過ぎていった。

即興にしかできないもの、考え出すと離れていくような気がする。

観に来て下さった方々、ありがとうございました。
ギタリストの方々、お疲れ様でした。

              20200217_165850.jpg


スポンサーサイト



割礼 Boris with栗原ミチオ

 2020-02-01

東高円寺U.F.O.クラブにて2マン。
風の吹きすさぶ中、ライブハウスに到着。Borisと栗原氏のリハ中。彼らのスタッフだろうか、
大勢(割礼に比べると)の人。普段のセットよりはアンプとか少なめですよ、と以前アツオ君は言ってた。
確かに、でもペダル類で床は一杯な感じ。機材を入れ替えて俺たちのリハ。山際さん、太った?とアツオ君。
おう、太り続けてるさ、アツオ君、白髪増えたね。と軽く挨拶のジャブ応酬。久しぶりだね、半年振り?
いえ、もっとですよ。ほんと去年忙しくって。アンプはやっぱり少なめなんだね。ええ、そうですね。
Borisとは違うバンドですから。曲も栗原さんと一緒に作ったりしてますし。あ、そうなんだ。

と言うとおり、ドローン轟音の曲は少なく、トラッドな曲調がメインだった。個人的にはそんなメロウな
曲でのワタちゃんのボーカルが良かった。

割礼は最初で、いつにもましてスローなブギにしてくれ。いや違った、スローなロック?遅いのには利点がある。
あ、やばい、押さえるとこ間違った、と思ってもスライドさせて修正が効く。、、、ンじゃないかなと思う。
或いは自分が高速で動いてる感覚?ええ加減な事ばっかり言うな、て感じですか?

それはさておき、満員御礼、皆様ありがとうございました。


京都 METRO

 2020-01-23

TRANSPARENTZ と割礼の2マンライブ。京都のclub METROにて。

割礼のリハ終わり、物販コーナーでオムニバスとソロのCDをセットする。TRANSPARENTZの関連のCDが
綺麗に並べられてる横のスペースの端に置く。今日はホント音でかいねん。大丈夫かなぁ。横を見ると
山本精一さんだった。あ、お久しぶりです。うんうん。昨日ベアーズだったんでしょ?そやねん。ライブの
後半ぐらいから高音部が全然聴こえようになってん。え?耳とんだの?なか音で?それはすごいかも。
割礼の他のメンバーに怒られへんかな?宍戸君には言うたんやけど。(笑)それはないと思うけど。
そんな事を話しながら客席へ行くと、憶えてますか?日野繭子です。あ、勿論です。お久しぶりです。
俺は以前、血と雫でTRANSPARENTZと対バンしてるのだ。今日は耳栓してくださいね。ごめんね。
え、あ、そうなんですか?山本さんにも気付けてって言われたとこです。ほんとにそうなんですよ。
ティッシュペーパーを耳に詰めるだけでも良いんですよ。海外は皆そうしてるの。へえ、そうなんだ。
とか言いつつ、日野さんの特注のテルミンやノイズマシンの解説してもらう。
しかし、フロントの2人が気を付けてって、TRANSPARENTZ、いかれてて、素晴らしい。

京都メトロは今回で2度目。その時も冬だった。何年前だったかは覚えて無いけど。
この日はセッテイングの都合で割礼が2番目。いつにもましてゆっくりゆったり。

寒い中、観に聴きに来て下さった方々、ありがとうございました。

           
               20200123_190546_convert_20200123191401.jpg

2 Days

 2019-12-23

2019年の締めは吉祥寺マンダラⅡにて。割礼の新譜発売記念ライブ、ワンマン2days
お越しいただいた方々、ありがとうございました。

割礼の楽曲は質量の大きさと光の速度に関係がある。うそです。
初日終わって、翌日は首から肩にかけてガッチガチだった。先日のツアーの続きみたいだった。
とは言ってもステージではそんな感覚は吹っ飛んでいるのだが。

30年近く前、割礼のドラマーだった村瀬君がパーカッショニストとしてゲスト参加。勿論、新譜で
参加してくれているのだ。色んな技をさりげなく披露してくれてる。というか、本当に色んなパーカッション
を持っているのだ。初めて見知った物もいくつかあった。ふかーい世界があるのだな。
おそらく、人類最初の楽器は打楽器じゃないかと思う。知らんけど。

                  EMPUDS4UwAARaeN.jpg


moshimoshi のクリスマス

 2019-12-16

   20191215_104013.jpg  20191216_143116.jpg

   20191215_113952.jpg  20191215_113916.jpg   

”とうめいロボとモシモシとさんびきの毛虫とせかいのやまちゃん”というタイトルのクリスマスパーチー。
京都のアンティーク雑貨店のmoshimoshiさんによる出張イベント。観に来て下さった方々、ありがとうございました。

モシモシさんの影絵にギターの伴奏を付けるというミッション。事前にあらすじと3曲ばかり指定された
音楽と簡単なコードを与えられたとせよ。そして即興で何か。
当日のリハで初めて合わせる。俺はスマホに記録されたあらすじを見ながらギターを構える。ん?
最初の方のシークエンスで指定された武満徹の曲が挿入されるはずだが、とばされたみたいだ。
あ、、すいません、そうですよね。いつも一人でやる時はその場の感じで即興ぽくやってしまうので、、。
はぁ、了解。(なんとかしろ、というわけだな)決められた曲を挿入する場面は決まっているので、
流れではなくその場面を素早く把握せよ、と。
とうめいロボさんの曲と頭士さんの曲、簡単なコード進行の曲。あとはほわほわっと。

森ちゃんのナレーションのトーンと俺に問いかけるトーンがまったくいっしょなので、最初、無視してしまった。
後は本番、出たとこ勝負ですか。

で、俺のソロをちょっとやって。と言われてたので何か1曲やれば、と思っていたのでブラームスの曲を
簡単にアレンジしたのは用意してたが、もう少し時間があったみたいなので2曲ほど追加。

最後はとうめいロボさんの曲に森ちゃんと参加し3人で3曲やる。
オムレツポヨンポヨン、しっぽののこり、黒猫音頭の3曲。最初、タイトル聞いたときは、ずっこけたが、
良い曲だった。すんません。森ちゃんの毛虫が、良い仕事してたな。


割礼のニューアルバム、のれないR&R、絶賛発売中

 2019-12-03

ああ、駄目やった。と松橋君。何が?HOPEの後半、走ってしもうた。あ、まあな。でもまあ、俺のギターソロが
やっぱり走ってしまうからな。いやぁ、山ちゃんはあれで良いんよ。気持ち良く弾いてもらわんと。やっぱ。わしが。
それもそうだなと思ったので、おう、そやな、おまえが悪い。と言うと、松橋は身もだえし、いやーん。

リハの後皆でラーメン屋。食事終えた時、ふいに宍戸君が、鎌田君に向かって、鎌ちゃん、かわええ顔しとるなぁ。
すると鎌田、ええ?俺、そんなん言われたこと無い。ははっ、なんやおまえら気色悪いな。鎌ちゃんも照れるな、照れるな。

最近は、ツアーは2か所が定番だったがレコ発ということもあり、京都ウーララ、大阪ムジカジャポニカ、
名古屋トクゾーの3か所。たくさんのお客さん、お越しいただき、ありがとうございました。

レコ発の締めは12月20日(金)21日(土)の2days。ワンマン。吉祥寺マンダラⅡで。ゲストにレコーディング
に参加してくれた村瀬君。20年以上前に割礼のドラマーでもあった彼は今回はパーカッションで。
マンダラⅡで2daysというのも、すっごい久しぶり。皆様のお越しをお待ちしとりますぜ。

               20191203_201444.jpg

ギターはわらっている vol.16

 2019-11-21

西脇君の企画、16回目。そして何回目かのデュオ。ゲスト、で良いのかな?対バンはビューティフルハミングバード。
店に着くと、まだ誰も来てなかった。ほどなくして、扉が開き、どうも宜しくお願いします。とにこやかな
男性が入ってきた。ビューティフルハミングバードのギタリスト、田畑(タバティ)君であった。初めまして。
西脇君とは16年前に大阪で対バンして以来だそうで、とてもうれしそうだった。ツアーで大阪とかもよく行くんです。
とタバティ君。ムジカジャポニカとか飲みに行ったり。あ、そうなんですか、俺も、もう一つのバンドで行きますよ。
あ、はい、割礼さんですよね?などと話してるとボーカルの小池さんも到着。続いて西脇君も登場。

リハはビューティフルハミングバードから。ニッシーが言ってたとおり、素晴らしかった。最初から惹きこまれる。
柔らかく優しく。ニッシーが、今の曲、やりますよね?はい、たぶん。僕泣いちゃいますよ、きっと。
ユーチューブで観ても泣きましたから。繊細か!えぇ?繊細だよ。ま、そうなんだが。ミュージシャンで
繊細じゃないやつはいないだろう。無神経な言葉に傷つき、美しいものに涙する。そんなもんだ。

西脇君とのデュオはループに合わせて即興での演奏も何回かやるうちに曲として出来上がってきたのが
何曲かある。あとはニッシーのカチッとした楽曲。難しくはあるが、エクスタティックというか、弾いていて
気持ちが良い。後はほぼ即興の曲。な感じで定着してきた感がある。

2組無事終わり、集合写真。どうも俺の表情が硬いらしく、それを指摘されるとやけになり、
変なポーズをとってしまうのだ。(ツイッターでみれるかも)

というわけで、足を運んで下さった方々、ありがとうございました。ビューティフルハミングバードの御2人、
店長のしんたろうくん、西脇君、おつかれさまでした。今回も楽しく、良い音楽に浸れました。

dictionary 1

 2019-11-05

POET PORTRAITS レーベルのオムニバスアルバム dictionary 1 の発売記念ライブ。吉祥寺マンダラⅡにて。
吐息、シクスシクス、コバルト feat. 遊佐春菜、俺の4組。
ソロでマン2は久しぶり。島君と伊藤君と俺でYGIてのもあったな。ヤマギワインターナショナル、と島君が
考えたバンド名で。かなり昔だな。あとはニコちゃん企画で宍戸、ヤマジ、俺の3人のソロか。

マン2に着くとコバルト君達がセッテイング中だった。さっき島さんに遇いましたよ。とコバ君。あ、ほんと?
山ちゃんまだ来てないのか。て言って行っちゃいました。ひかりのうまでライブなんだそうです。
あ、そうか。何かで見たな。対バンが、みみのことだったかな?今日は土曜日。ライブ被っているのな。
そういえば森川もどこかでライブみたいだ。

リハはサクサク終わらせた。シクスシクスのミチヤくんに飲みに誘われたが、辞退。ライブ前は飲まない派なのだ。
吐息の3人と飲みに行ったみたいだ。

1人でフラッとぶらつき、開演時間に戻る。吐息が最初。トリオでの演奏観るのは初めてだった。
曲も声も良い。平井君のドラム、初めて観たが、これまた息が合ってバッチリだ。
次がシクスシクス。アンカちゃんは風邪で喉が辛そうだったが、聴いてる方としてはハスキーで悪くない。
本人は高音部が出なくて泣きそうになったらしいが。でも素晴らしい演奏だった。
次は俺。音デカくて楽しかった。観てる方は地味な印象だと思うが、意外と嬉々としていたのだ。でMCも一切無し。
楽屋に戻ると、遊佐ちゃんが到着していた。彼女は早い時間に高円寺でライブがあり、それが終わって
駆けつけるという売れっ子ぶり。人気者だね。と言うと、ふん、と笑い、全然違いますよ。実にクールだぜ。
コバルト君達の曲も実に良い曲。乙女なメロディー。
なこともあり、俺の曲も割とメロディアスな感じの演奏にしたつもり。うそ、たまたまだな。

4組ともスタイルは違うけど根底に共通するものがある気がするね。と言うと、アンカ嬢、退廃感ですね。

んー、女性は実にクール。


≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
Live Information

Yamagiwa Hideki  

Yamagiwa Hideki  

about


2月26日(水)★西脇一弘+山際英樹
下北沢 lete
【 ギターはわらっているvol.18 】
w/ 津田貴司
open 19:00 start 20:00
前売¥2500 当日¥2800


2月28日(金)★割礼
三軒茶屋 ヘブンスドア
【 lyric poetry 】
w/ シクスシクス / 魚住絵里奈
open 18:30 start 19:00
前売¥2,800 当日¥3,300


Contact
Network
Archives