★  ギタリスト 。 " 割礼 "  " 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas "  " ソ ロ " 等でライブ活動中  ★

music aquarium

 2014-09-29

music aquarium vol.7〜Psychedelic Weekender Battle と題されたイベントがU.F.Oクラブにて。
イズミコウジロウ+センナ、valva、そして割礼の三つ。

この日は珍しく出番は最初。今までの経験上、出番が早いと本番後はどうしてもひたすらビールを飲む
ことになる。これは惰性の法則によるものなので、避けようがない。そして必然的に声が大きくなり、
楽屋が居酒屋と化してしまう。勿論、ひんしゅくを買うことになるので、なるべく自粛する。なるべく。

リハの時間に森川誠一郎が現れる。10月31日の血と雫サードアルバムのレコ発 at ショーボートの
折込用フライヤーを持って来た。ついでにライブを観ていく。山ちゃんがエレキ弾いてるの久しぶりに
観た気がする。ここんとこ、クラシックギターばっかりだったからな。10/31はワイルドにいきますぜ。

この日のお客さんも、良い感じで盛り上がってくれた。のでこれまた珍しく、出演者、スタッフ、関係者で
打ち上げ。鎌田君はすでに出来上がっていたが、参加。後のことは松橋君に任せる。valvaの人たちは
初めましてだったが、メンバーの1人は去年お世話になった神戸のライブハウス、ヘラバラウンジで
バイトしてるらしい。感じのいい連中であった。イズミ君は昔、彼がdipでベース弾いてる時に会ったのが
最初。今回のライブは初めて観たがドラムのセンナ嬢との息はピッタリでいい感じだった。

ライブを観に来てくれた人達、スタッフの人達、ありがとございました。至れり尽くせりな感じでした。
気がつきゃ終電はとっくに終わり、飲み過ぎカラータイマーがピコピコ点滅している。シュワッチ。

スポンサーサイト

dues

 2014-09-24

札幌に続き、血と雫アコースティックセットでのライブを新宿duesで。

サードアルバムの曲をアコースティック用にアレンジして演奏。でもね、よく考えたらサードアルバム、
まだ発売されてないのだな、これが。お客さんはアコースティックアレンジとか言われても はあ、そう
なんですか。としか言えないわけで。おととい、マスタリング済ませたばかりなわけで。
そういえば、マスタリングしてる時、朝生愛ちゃんが隣のスタジオに個人練習に来たのだが、その時
持ってたギターがなんとあのTheShaggsが使ってたのと同じモデルなのだそう。ああ、どうせなら、音
聴かせてもらえばよかった。TheShaggsは昔、割礼のライブ前、SEでよくかけていた。

話がとんだ。dues。サードの最後の曲終わって森川がMCしてる時に俺と幾郎さんは楽屋に戻ろうと
立ち上がった。幾郎さんが森川のほうを見て え?て顔をしている。ん?まだ終わりじゃないですよ。
あ!そう、あと1曲あったのだ。2人が同じ勘違いするのも珍しいが、なによりも森川誠一郎のMCを
邪魔したという事で俺は自責の念を抱いた。ぺろっ、ソーリー。で、最後はセカンドアルバムから
” 空を瞬く ”。アンコールをいただいたので、録音してきたばかりの新曲を初披露。

今回、1部と2部の間にReguReguのMVを上映。森川のアイデアでファースト、セカンド、そして
出来上がったばかりのサードの順番で。”夜を作る”、”夜のゲーム”、”夜のねむり”。夜の3部作だ。
ギターインストにこんな素晴らしい映像を制作したReguReguのイマジネーション。マジで感動した。

10月31日の高円寺ショーボートでのレコ発。楽しみだ。

札幌は今日も雨だった

 2014-09-21

今年、3度目となる札幌。初めて身軽でうれしい。

クラシックギター1本抱えての移動は楽。いつもはエレキをハードケースに入れ、エフェクターケース
といっしょにコロコロに乗っけて移動。これだけでかなり重いのだ。電車の乗り換えも面倒だし。

宿はいつものReguReguの小磯君家。お世話になりっぱなしだ。彼の家の居間は1970年代テイストで
統一されている。小物や置物、かかってる音楽もその時代の歌謡曲や洋楽が多い。ノスタルジーというより
本気でその時代にタイムスリップしようとしているのかもしれない。

初日は晴れだったが、あとはもう雨が降ったりやんだり。ほぼ毎日小磯邸とリチャード君のスタジオの往復。
森川と2人で自転車で移動なのだが、ただの1度も雨に降られることはなかった。これはラッキーだった。

録音の合い間、ギャラリー犬養でアコースティックセットで血と雫ライブ。観に来てくれた人達に感謝です。
終わってから、山際君?と声をかけられた。なんと大学時代の知人が隣の部屋で個展をやっていたのだ。
会うのは30年振り?確か彼は彫刻科だったよな。脳をフル回転させて名前も思い出した。当時と感じは
全然変わってなかった。こういうこともあるものだ。


      DCF00018.jpg ナゼ氏       DCF00006.jpg 高橋幾郎氏

録音はクラシックギターだけではなくリチャードに借りてぶっ壊れたファズギターも弾いている。
ギュワーン。
あ、ギターがぶっ壊れてるのではなく、俺の頭がぶっ壊れてるのです。あ、ちがうちがう。

クラシックギター

 2014-09-11

今度のライブでクラシックギターを弾く。でも、速弾きとかはしない。できません。

そもそも、森川が血と雫での俺のギタースタイルがクラシックギターの弾き方だと言い始めたのが最初。
クラシックギター買いましょうよ。と事あるごとに言われてたが、買うつもりは全くなかった。ある時、
じゃあ、バンド費で買いましょう。とうとう業を煮やしたのか、そう言い出した。まあ、それなら断る理由が
無いので、クラシックギターをゲット。え?じゃ、しょうがないな。て感じなのかって?いやいや、それが 
弾かず嫌いだった、というのかしらん、結構、はまっているのだ。音色も良いし、フォークギターと違って
弦のテンションが緩いので指も痛くない(これ大事)。指が痛いの大嫌い。

今度のライブでクラシックギターを弾く。でも、速弾きとかはしない。できません。ぺこり。

≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫
Live Schedule & Information

-  Yamagiwa Hideki   -

-  Yamagiwa Hideki   -

★ 山際 英樹 ソロ

4月30日(日)阿佐ヶ谷 ハーネス
出演:山際英樹 / Cobalt

open 19:00 start 19:30
¥2.000+Drink


5月21日(日)千駄木 bar isshee
出演:山際英樹 / 吉兼聡 (ZAZEN BOYS) /
村田学 (KURUUCREW)

open 19:30 start 20:00
投げ銭
(別途チャージ500円+ドリンクオーダー)


          *


★  血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas

【 UGX.undergroundextra 2017 】
6 月17日(土)18日(日)2days
新代田 フィーバー

17日の出演: 割礼 / ASYLUM / BACTERIA
floor DJ:姫乃たま

18日の出演:血と雫 / dip / Boris
floor DJ:掟ポルシェ

open 17:30 start 18:30
ADV 通し券 ¥6000 (+1drink)
1日券 ¥3500 (+1drink)
当日 ¥4000 (+1drink)

※ e+、FEVER店頭にて Ticket on sale !!


         *


★  割礼

6月 4日(日)三軒茶屋 ヘブンスドア


6月17日(土)新代田 フィーバー
【 UGX.undergroundextra 2017 】

出演: 割礼 / ASYLUM / BACTERIA
floor DJ:姫乃たま

open 17:30 start 18:30
ADV 通し券 ¥6000 (+1drink)
1日券 ¥3500 (+1drink)
当日 ¥4000 (+1drink)
※ e+、FEVER店頭にて Ticket on sale



Contact
Link
Archives