FC2ブログ
Guitarist.   割礼 / 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas / ソ ロ   etc. でライブ活動中 

楽屋

 2018-09-30

       20180928_141640_convert_20180928154649.jpg      楽屋 

坂口諒之介君の、"もうさよならは言わない" 発売記念ライブに招かれ、U.F.Oクラブ。古明地洋哉君、割礼の3組。
坂口君、古明地君、共に素晴らしいボーカリスト。割礼もこの日はどちらかというとフォーク色寄りの曲主体での演奏。

朝から少し肌寒い日だったが、ライブハウス内はお客さんが集まるにしたがって暖かい、というより暑くなってきた。
楽屋が、丁度良くて、心地よかった。UFOの楽屋は狭いが整理されている。壁は濃いブルーでシックな感じ。
今後のライブのフライヤーが雑然と貼られている。12月にここでやる割礼のライブのフライヤーもあった。

楽屋、ライブハウスごとに、当たり前だが違う。その箱の色合いが感じられておもしろい。

スポンサーサイト



9/14  大久保駅から徒歩1分、駅近

 2018-09-16

 大久保ひかりのうまにて、" レイヨウとの交信 §1 " と題されたイベント。la scène 裸身、Buffalomckee、そして
山際英樹ソロの3組。企画はla scène 裸身。観に来てくださった方々、スタッフさん、ありがとうございました。
共演の方々も、お疲れ様でした。2月の、la scène 裸身レコ発に続きお招きいただいた。そして彼らの楽曲、
天の赤道でもギターで参加。

生演奏というのは同じ事をやったとしても毎回違う。そこが難しくもあり、楽しくもあり。楽しくもあり難しくもあり。
バンドの場合は曲のアイデンティティは圧倒的に歌だ。歌詞、ボーカルのメロディ等。俺のソロの場合は
明らかにそれとは違うな。形があるような無いような、無いようなあるような。内的表出には違いないが。

終わってからは、観に来てくれた森川君、黒木君、ガゼル君らと少し歓談。片付け中、ガゼルで御馴染らしい
演奏後の出演者が手をつないでバンザイを橋詰君、俺、何故か黒木君の3人で。撮影されるファンサービス?

光は物質に色を与える

 2018-09-10

 ”その音は光り”と題されたイベントが高円寺ショウボートで。近藤智洋&ザ バンディッツ カスタム、
Booga、そして割礼の3組。足を運んで下さった方々、お店のスタッフさん達、ありがとうございました。
なんと割礼は約3か月ぶりのライブ。とはいえ、どうと言うことはありませんが。個人的には曲によって
ギターのトーンを変えたり、エフェクトを変えたりと、マイナーチェンジを試みる。
対バンは2組とも、とても素晴らしく、良い刺激になりました。

この3か月の間に日本には、自然災害が畳み掛けるようにやってきました。犠牲になった人々、先の見えない
被災者の方々のニュースには心痛めますが、原発事故の様な不気味な事態が起きなかったことだけは
不幸中の幸いでしょうか。

ところで、打ち上げはこの日、別の場所で行われたエコエコサイクルズのレコ発組と合流。
ハミングスとポエティックランドスケープの連中もいっしょでした。俺は皆の顔を見たらすぐに帰る
つもりでしたが、どういうわけか最後まで居ました。

朝焼けがとてもきれいでしたが、俺自身は胸焼けでした。あれ?あれ?
      
              

≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫
Live Information

Yamagiwa Hideki  

Yamagiwa Hideki  

about


11月19日(火)西脇一弘 + 山際英樹
下北沢 lete
w/ ビューティフルハミングバード
open 19:00 start 20:00
予約 ¥2500 当日¥2800 (+drink)


11月28日(木)割礼
京都 ウーララ

11月29日(金)割礼
大阪 ムジカジャポニカ

11月30日(土)割礼
名古屋 TOKUZO


12月14日(土)
阿佐ヶ谷 ハーネス
moshi moshiのクリスマス
【 とうめいロボとモシモシと三びきの毛虫と
せかいのやまちゃん 】
open 18:30 start 19:00
予約 ¥2.000 当日 ¥2.300+Drink
クリスマスのおやつ付き


12月20日(金)/ 12月21日(土)
割礼 レコ発 2days
吉祥寺 マンダラⅡ
ゲスト:村瀬"Chang-woo"弘晶(perc)
open 18:30 start19:30
前売¥3000 当日¥3500+drink
店頭売り・メール予約 予約はこちら

Contact
Network
Archives