FC2ブログ
Guitarist.   割礼 / 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas / ソ ロ   etc. でライブ活動中 

10/29 Bar Isshee

 2018-10-30

イッシーさんのお誘いで田畑満君とギターデュオ。
10月の最終月曜、お忙しい中、観に来て下さった方々に厚く御礼申し上げます。

ギターデュオでワンマンというのは初めて。そもそも人見知りなのでセッションライブというのも
数えるほど。田畑君は昔から知ってるし、かっこいいギター弾くので二つ返事でオーケーしたのだが、
事前にスタジオ入るわけでもなく、本番出たとこ勝負である。リフは2つばかり用意はしたが膨らませるのは
本番中なのでやはり出たとこ勝負なのだ。40分ぐらいのセットを休憩挟んで2本。経験値獲得、MP増える。

イッシーさんが最近購入したばかりのディストーションというよりファズを使わせてもらった。ラトビア製で
ギターを弾くと盤面の細長い窓に放電スパーク?が現れる。怪しげな実験室状態だ。ノイズゲートも
独特で弾かないとオンの状態でもほぼ無音。ファズ音がピタッと止むのだ。おもしれー。
イッシーさん本人がまだライブで使ってないのに快く御貸し頂いた。かたじけない。

              20181012_13ebce.jpg 



スポンサーサイト



mastering

 2018-10-26

~血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas  4th その雫が落ちないことを祈る~

中村宗一郎氏のピースミュージックへ行き、マスタリングの作業に立ち会う。 最寄り駅に着くと
すでにボーカリストの森川誠一郎君と、ずっと作品のジャケットを担当してくれてるグラフィックデザイナーの
秋田和徳君が居た。秋田君はマスタリングに立ち会うのは初めてらしく、ミュージシャンじゃないけど
行って大丈夫ですかね?と少し緊張している様子だった。全然大丈夫でしょう。
山ちゃん、引っ越してからのスタジオに行ったことあります?と森川。以前は二つばかり先の駅に
ピースミュージックはあったのだ。ああ、一回ある。ここ曲がるんだっけ?あの道路渡るんでしたっけ?
などと言いつつ到着。中村氏はにこやかに迎えてくれる。さっきまで別の音源のマスタリングやってたんですよ。
で、これが終わったらライブを観に行く約束があるんです。相変わらず忙しそうだ。

1曲づつ音質チェックしつつ、音量のバランス、曲間決めたりの作業。あれこれやって、ひと通り終了。
CDRにおとしてもらって、後は自宅でチェック。問題無ければマスター完成なのだ。デザインの作業と
似たところがありますね。と秋田君。今回のジャケットが3パターンある(デザインは同じ)コピーを
見せてもらった。何となく色の鮮やかさが違うような。
終わって3人で喫茶店。今朝は3パターンあるうちの、これでいこうって決めてたのあるんですけど、さっき
スタジオで聴いて、やっぱり違うな、もう1つの方だなと思いました。ふむ、そうなのか。

喫茶店出ると、森川が、ちょっとあそこの立ち飲み行きません?え、あぁ良いね。秋田君は酒飲まないので
ここでわかれる。外観からの印象より、割と広めの店内。とりあえず酎ハイ。テレビでドラフト会議の中継を
やっていた。俺は野球は見ない。いつ僕の名前呼ばれるんでしょうね。と森川。あぁ、、、。
何かの冗談なのか?というか、運動神経が良いのか悪いのかわからないよね?めちゃめちゃ良いですよ。
楽器だって何でもできるし。まあ、確かに。広く浅くだけどな。センスはあるか。スポーツもセンスだものな。
そのとおり。森川、バンとカウンターを叩く。もうすぐ名前呼ばれるかもしれませんね。もうええっちゅうねん。

帰り道、京都の姉からメール。なんと従兄弟の息子がドラフトで指名されたらしい。なんと。
それはさておき、12月12日 DiskUnionより発売します。

      
             IMG_0737_1.jpg 


UGX 2018 永遠の変化の中を彷徨う血と雫

 2018-10-23

森川誠一郎君企画のUGX UNDERGROUND EXTRA 無事終了。お越しいただいた方々、ありがとうございました。
feverのスタッフさん、音響、映像のスタッフさん、共演者及び関係者の皆様、お疲れ様でした。

出演はASYLUM、アレルギー、BACTERIA、BB、そして血と雫。
スタッフの皆さんが素晴らしく、時間のロスも無く進行。俺たちが当日リハを終えて吉祥寺から予定の
時刻に到着すると、すでにスタンバイされてた。この日の出番は最初なのでリハ終えたら程なくして本番。

12月に出る新譜から3曲、セカンドアルバムから1曲。持ち時間30分なのでバンドとしては久しぶり
だったが、ま、問題はない。ボーカルの援護射撃要員として若林君というサックス奏者が色を添える。

幾郎さんは札幌から当日入りだったが、微塵も感じさせないパワフルな太鼓。終わって楽屋でほっと一息。
今日、朝の3時に起きちゃってさぁ。と流石に眠気が襲ってきたのか、悪いけど先に帰る、と行ってしまった。
自由か、お疲れ様。

血と雫、次のライブはレコ発。多分。いつだ?
その前に10/29(月)に千駄木 Bar Issheeにて田畑満君とギターデュオ。田畑君とは対バンは何度か
あるが、一緒に演奏するのは初めてなので楽しみ。


DiskUnion のページからコピー

 2018-10-18

宜しくお願いします。

      
≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫
Live Information

Yamagiwa Hideki  

Yamagiwa Hideki  

about


12月14日(土)
阿佐ヶ谷 ハーネス
moshi moshiのクリスマス
【 とうめいロボとモシモシと三びきの毛虫と
せかいのやまちゃん 】
open 18:30 start 19:00
予約 ¥2.000 当日 ¥2.300+Drink
クリスマスのおやつ付き


12月20日(金)/ 12月21日(土)
割礼 レコ発 2days
吉祥寺 マンダラⅡ
ゲスト:村瀬"Chang-woo"弘晶(perc)
open 18:30 start19:30
前売¥3000 当日¥3500+drink
店頭売り・メール予約 予約はこちら

1月19日(日)割礼
京都 METRO
w/ TRANSPARENTS


1月31日(金)
U.F.O.club 24周年記念
割礼
Boris with 栗原ミチオ 2マン!!】


Contact
Network
Archives