FC2ブログ
Top Page › 未分類 › 世界は広いが世間は狭い

2013 · 06 · 23 (Sun) 18:06

世界は広いが世間は狭い

割礼、プラネットKでライブの当日の昼に吉祥寺のスタジオで練習。 
セッティングしていると”今日来るとき、小磯君見かけた。東京におるんだね。”と宍戸が言う。”ん?本当?
わからないけど。””道路の反対側だったんで声かけなかったけど。杖持って。””人違いじゃないか?来てるとしたら
ブッチャーズのイベントかな。”などと話しつつ練習。小磯君とは札幌在住のREGUREGUの人。俺の携帯がブルブル。
森川だ。もしもし、今日割礼のライブ観に行きます。小磯さんが来てるんですよ。
へえ、本当だった。
すごい確率だ。やはり、先日他界されたブラッドサースティーブッチャーズの吉村氏の追悼イベントで来たらしい。
そして、この日の対バンの一つであるTODDLEは吉村氏の奥様がメンバー。これも偶然。そういうもんだな。
 割礼、曲はインスト、悲しみの恋人たち、光り輝く少女、崖っぷちのモーテル、溺れっぱなし。

ライブ後は
先に呑みに行った森川、小磯組に合流するため鎌と松に後を任せ西荻へ。顔ぶれは小磯君の友人達で
皆初対面だったが酔っぱらっているので関係ない。朝までコース。北海道の変人たちの層の厚さを思い知らされる。


スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-01-06

Comments







非公開コメント

宍戸さんの名古屋弁、
心が和みます。
2013-07-08-14:06
山田エズミ [ 返信 * 編集 ]