FC2ブログ
Top Page › 未分類 › ネイルフラン

2013 · 09 · 03 (Tue) 16:33

ネイルフラン

HMVの企画で第1弾、無事終了。観に来てくれた大勢の人たち、ありがとうございました。
次回もよろしくお願い申し上げます。残暑お見舞い申しあげます。 
ネイルフランの録音はよく知らない。当時、プロデュースをすることになったコクシネルの池田さんから
連絡があり、シンセを弾いてくれないか、ということだった。手ぶらで来て良いということだったのでバイクで
スタジオまで行った。酒を飲むという習慣もまだなかったのだ。スタジオにはプロフェット5とDX7の2台が
セットされていた。さすがメジャーの録音だなと感心。その時はまだ割礼のことはよく知らなかった。
すでに録音されてるベーシックトラックにオーバーダビングしてくれ、ということだった。
その日はとりあえず1曲入れて(確か、”悲しみの恋人たち”だったと思う)家に帰って聴くことに。
最後まで聴こうと思うのだがどうしても途中で寝てしまう。仕方ないので本当に寝ることにした。
翌日は
”ネイルフラン”の間奏部分と”バラ色の宇宙”のイントロ、そして”君の写真”のイントロだったと思う。
全部終わって帰り支度をしていると、早川岳晴さんがやって来た。久しぶりっす。と挨拶して入れ替わりでドロン。
後で”溺れっぱなし”のテイクを聴いて、残って見学すればよかったな、とちょっと後悔。
 その後、レコ発に呼ばれた後は、割礼が東京でライブがある度に宍戸君から電話があり、シンセで参加する
ようになった。そのうち、ツアーも一緒にまわってくれへん?と言われ何の考えもなくOKする。 

え?ギターが弾けるって言わなかったのかって?なんかめんどくさかったので言わなかった。しかし、
ビクターから第二弾のアルバムを出すことになってから徐々にギターの曲も増えていった。
確か”海のあの娘”と”歪み”がギターの曲の最初だったと思う。皆、驚いてたな。 

そんなわけで次回のシェルターは”ゆれつづける”を曲順どうりにやります。よろしゅう。

スポンサーサイト



最終更新日 : 2017-01-06

Comments







非公開コメント