★  ギタリスト 。 " 割礼 "  " 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas "  " ソ ロ " 等でライブ活動中  ★

ネイルフラン

 2013-09-03

HMVの企画で第1弾、無事終了。観に来てくれた大勢の人たち、ありがとうございました。
次回もよろしくお願い申し上げます。残暑お見舞い申しあげます。 
ネイルフランの録音はよく知らない。当時、プロデュースをすることになったコクシネルの池田さんから
連絡があり、シンセを弾いてくれないか、ということだった。手ぶらで来て良いということだったのでバイクで
スタジオまで行った。酒を飲むという習慣もまだなかったのだ。スタジオにはプロフェット5とDX7の2台が
セットされていた。さすがメジャーの録音だなと感心。その時はまだ割礼のことはよく知らなかった。
すでに録音されてるベーシックトラックにオーバーダビングしてくれ、ということだった。
その日はとりあえず1曲入れて(確か、”悲しみの恋人たち”だったと思う)家に帰って聴くことに。
最後まで聴こうと思うのだがどうしても途中で寝てしまう。仕方ないので本当に寝ることにした。
翌日は
”ネイルフラン”の間奏部分と”バラ色の宇宙”のイントロ、そして”君の写真”のイントロだったと思う。
全部終わって帰り支度をしていると、早川岳晴さんがやって来た。久しぶりっす。と挨拶して入れ替わりでドロン。
後で”溺れっぱなし”のテイクを聴いて、残って見学すればよかったな、とちょっと後悔。
 その後、レコ発に呼ばれた後は、割礼が東京でライブがある度に宍戸君から電話があり、シンセで参加する
ようになった。そのうち、ツアーも一緒にまわってくれへん?と言われ何の考えもなくOKする。 

え?ギターが弾けるって言わなかったのかって?なんかめんどくさかったので言わなかった。しかし、
ビクターから第二弾のアルバムを出すことになってから徐々にギターの曲も増えていった。
確か”海のあの娘”と”歪み”がギターの曲の最初だったと思う。皆、驚いてたな。 

そんなわけで次回のシェルターは”ゆれつづける”を曲順どうりにやります。よろしゅう。

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yamagiwa3.blog27.fc2.com/tb.php/113-513f2b6c
≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫
Live Schedule & Information

-  Yamagiwa Hideki   -

-  Yamagiwa Hideki   -

★ 山際 英樹 ソロ

8月30日(水)下北沢 レテ
【 ギターはわらっている vol.3 】

出演: 山際英樹 solo /
         桜井芳樹 + 西脇一弘 duo

open 19:00 start 20:00
前売¥2,500 当日¥2,800


          *


★ コクシネル

9月23日(土) 赤坂 グラフィティ
【 コクシネルのジャメヴュ 】

出演:コクシネル / sakana

open 18:00 start 18:30
前売¥3,000 当日¥3,500(ドリンク別¥600)


          *


★  割礼

8月19日(土)東高円寺 二万電圧
【 Under The Surface Vol.4 】

出演:割礼 / THE CREATOR OF /
PUNHALADA / REDSHEER /Ry /
SUNDAY BLOODY SUNDAY

open 16:30 start 17:00
前売¥2,500yen 当日¥2,800yen


8月25日(金)京都 ウーララ
出演:割礼 / DUST / Izumi & Friends

open 18:30 start 19:00
前売¥1,800 当日¥2,000


8月26日(土)名古屋 トクゾー
【 割礼 / コクシネル】

open 18:00 start 19:00
前売¥3,000 当日¥3,500


9月16日(土) 福岡 ユーテロ
【 割礼 福岡ライブ 】

出演:割礼 / I WANT CITY / tepPohseen /
ANTENA IN YOU2

open 18:30 start 19:00
前売¥2,500 当日¥3,000


9月17日(日)熊本 ナバロ
【 石頭地蔵主催イベント
  割礼 熊本初ライブ & jailbird Y レコ発 】

出演:割礼 / jailbird Y / 石頭地蔵

open 18:30 start 19:00
¥2,500(drink)


           *


★  血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas


Contact
Link
Archives