★  ギタリスト 。 " 割礼 "  " 血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas "  " ソ ロ " 等でライブ活動中  ★

北海道でレコーディング&ライブ 血と雫です

 2015-09-27

ナゼ3本
DCF00012.jpg DCF00014.jpg
今年もナゼ君家、あ、いや小磯君家にやっかいになる。ありがとうございました。
札幌ライブの前日リハで、曲の細かいところをどう弾いていたのか忘れてるのが露呈する。
当然だが俺が曲を思い出してる間は、2人は何もできない。それが、プレッシャーになり焦る。

アンダーグラウンド / パトス
DCF00010.jpg DCF00009.jpg
札幌、旭川でのライブは東京から観に来てくれた人達が何人もいた。嬉しい限り。
旭川では自ら手伝いを申し出てくれたギタリストのシンゴ君にも感謝。


友を待つ / トンボ
DCF00024.jpg DCF00025.jpg
東京に戻る日はいつものようにリチャード夫妻、小磯君、中西さん、メンバー3人で大通り公園で宴。
日差しが暑い。

アディオス
DCF00018.jpg
家に着いたらコクシネルの池田洋一郎さんからメールが来ていた。
"くっついて安心"がCDで再発されたとの主旨。
コクシネルの他に少年ナイフ、サボテン、D Dayの4組が参加したオムニバス。
当時俺は大学生。初めてのレコーディング体験だった。

スポンサーサイト
コメント
"くっついて安心”買ってくれたのですね。ありがとうございます。
ブックレット、事前に色々、質問に記入しましたね。
当時は自意識過剰の人見知りな性格で、あ、今もか。
【2015/10/01 14:50】 | 山際英樹 #- | [edit]
あ、ごめんなさい。漢字が違っていた。「夜の唄」でしたね。失礼しました。

今『くっついて安心』のブックレットを見ていたら山際さんが描かれたとても可愛らしい猫のイラストを発見しました。自分を動物に例えるなら、やっぱり猫なのですね。(覚えておられるでしょうか?)
私も猫が大好きなので、とても嬉しくなりました。

【2015/09/30 19:32】 | 黒子 #/qm1CEVo | [edit]
ありがとうございます。新曲、札幌では1曲だったのですが、旭川では2曲になりました。
アルバムも気に入ってもらえると嬉しいです。

"夜の唄"は作曲というより、きっかけを作ったっていう感じだったような。曲はみんなで
練り上げていったような気がします。でも確かにこの頃の金沢での体験が今の活動に
つながってる気がします。



【2015/09/28 13:48】 | 山際英樹 #- | [edit]
レコーディングの合間を縫ってのライブお疲れ様でした。
タイトなスケジュールながら迫力満点の素晴らしいライブを見せていただき、三人の個性と才能が三つ巴でぶつかり合う血と雫はなんて凄いバンドなのだろうと改めて実感しました。
二つの新曲も思いっきり心の琴線に触れて涙腺崩壊しそうでした。新譜のリリースが待ち遠しくてなりません。

『くっついて安心』に収録されている「夜の歌」は山際さんの作曲だと聞いていますが、大学生の時に作られたということになりますか。とすると山際さんの原点ともいうべき作品なのですね。
【2015/09/27 23:02】 | 黒子 #/qm1CEVo | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://yamagiwa3.blog27.fc2.com/tb.php/201-2a7d3b8a
≪ トップページへ このページの先頭へ  ≫
Live Schedule & Information

☆  Yamagiwa Hideki   ☆

☆  Yamagiwa Hideki   ☆

★ 山際 英樹 ソロ

12月22日(金) 阿佐ヶ谷 ハーネス

出演:山際英樹 / シクスシクス

open 19:00 start 19:30
¥ 2,000 (+ drink)


          *


★  割礼

12月8日(金) 三軒茶屋 ヘブンスドア


12月30日(土) 東高円寺 U.F.O,クラブ
【 大阪難波ベアーズ30周年 &
いかんせん花おこし2nd album
『湖のほとり』発売記念ライブ-東京編 】

出演:割礼 / いかんせん花おこし /
井手健介と母船 / 黒岩あすか

open 18:30 start 19:00
前売 ¥2800 当日 ¥3000(+1D)
【 チケット予約 】
U.F.O.CLUB ( 03-5306-0240 ) にて
前売りチケット予約受付け中!


          *


★  血と雫 je prie pour que la goutte ne tombe pas

Contact
Link
Archives